読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足跡に、吹雪を

此処には何も残らない

勃然と焦燥

命は、一人に1つのはずだろう?

 

障子でぼんやりとした光で目を覚まし、たまに干すぐらいの布団と畳の匂いに気づき、深呼吸をする。

 

そんな朝のひと時は、もう何年も…

 

いや、一度もないかもしれない。

 

僕の命は、

 

学校に行かされ、塾に行かされ、大学に行かされ、

 

されるばかりの命かい?

 

たった1つなのに。

 

就活を拒み、誰がいったか底辺とよく言われるバイトをして、小銭を稼ぐ。

 

日本から逃げたい、その命は、

 

いつ途絶えるかも、分からない。

 

不安定で、ペットボトルから垂れる最後の一滴をコントロールするように、

 

僕の命に、収まりどころはあるのだろうか。

 

たった1つの、この命。

 

チクショウ、チクショウ、この命。

 

されるがままの、この命。

 

海辺に行けば、猫にそうするように、漁師は魚をくれるのだろうか。

 

街角でダンボールに入っていれば、猫にそうするように、命の救世主は現れるのだろうか。

 

誰も僕をしらず、

 

僕もそれを望まなかったはずなのに、

 

たった1つの僕の命は、

 

しきりに、

 

忘れた頃に、

 

焦燥している。